2007年04月04日

どうやったら乱視を矯正できるの?

乱視の矯正


近視や遠視がある場合には、凹レンズや凸レンズというレンズだけの矯正で、網膜にピントがきちんと合う人はあまり多くないようです。


正常な眼の人でも、角膜が正確な球面になっていることは、とても少ないんですね。


角膜はわずかですが、ラグビーボールを横にしたような楕円面になっていることが普通です。


その為、縦の湾曲がやや横よりも強くなっていて、縦の光は、横から入ってくる光よりもほんのわずかですが手前に像を結びます。この差が眼球内のピントが結像距離にして約0.3ミリメートル以上ズレると、歪みによる視力低下を自覚するようになります。実はこれが乱視なんです。


この状態を矯正するためには、特殊な形状の円柱凹レンズを横において、縦から入る光を後ろに伸ばすか、円柱凸レンズを縦において、横から入る光を手前に引いてきて縦とのピントを合わせるかをします。


円柱レンズのみでは縦と横のピントのズレを合わせるだけですので、これをさらに凹レンズや凸レンズを使って網膜上にピントが来るように調節します。


普通の乱視は、角膜の縦方向の湾曲が横方向よりも強く、円柱凹レンズの矯正軸角度が180度付近にあります。


このような乱視を直乱視といいます。直乱視では眼を細めると、ボケが強い縦の光が遮断されるので見やすくなります。


一方、横方向の湾曲が強く、円柱凹レンズの角度が90度付近の乱視は倒乱視といい、角度が斜めの場合は斜乱視といいます。


重い角膜の病気を持っていたり、長期間にわたってコンタクトレンズを使用などしている場合には、角膜に不正な歪みが生じることがあります。


そのような場合には、光のピントが何ヵ所にもわかれて結ぶため円柱レンズでは矯正できなくなります。その時の乱視を不正乱視といいます。


引用:http://siryoku1ban.livedoor.biz/

posted by ヒロト at 16:44
"どうやったら乱視を矯正できるの?"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。