三男が・・・

隣の奥さんが、こういう話をきかせてくれました。

「こともあろうに、うちの三男にメガネが必要になってしまったんですよ。
今年大学に入ったんだけど、教室の黒板の字が見えにくいので、前の席で
授業を受けていると言うので、こりゃ大変と眼科で見てもらったら、
立派な近視になってしまっていたんです。
もっと早く気が付いてやればよかった。
かなり進んでいたんです。」

だそうです。
本当に、子供の視力悪化は、いっぺんに進む事が有るので、
お母さんは、良く良く注意して見ていてあげないといけないですよね。

うちも、気をつけなきゃ。

赤ちゃんポストを厚労省が容認

「赤ちゃんポスト」を厚労省が容認

詳細:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/40454/

いわゆる「赤ちゃんポスト」なるものを厚生労働省が容認の立場をとったようですね。

こんなことを許すと、”簡単に子供を捨てる親が増えるのでは”という声や、反対に”いやいや、やむにやまれる状況の親もいるのだから、これで、救われる親も子も増えるはず”と言う声も有り、一体どう考えたらいいものでしょうか。

実際、最近のニュースを見ると、親が子を殺したり、子が親を殺したり、あまりにも考えられないようなひどい事件が増えているように思えます。

私など、3人の息子を育てた親の立場からすると、可愛くて、いとおしくて、狂おしいくらい大切な我が子を、虐待したり殺してしまうなどと言うことは、考えられないことです。

どうしてなんでしょう。今の親の中には成熟しないで、言うならば子供が子供を生んでいると言うようなことがあるんでしょうか。それとも、昔も成熟してはいなかったけど、周りの充分成熟した大人たちが、自然にケアーしてあげる環境があったのでしょうか。

この「赤ちゃんポスト」の件で、いろいろ考えさせられましたが、とにかく今の日本は本当に何かおかしいですよね。

この辺で、日本人全てがじっくり考えてみる必要があるのではないでしょうか。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070222-00000204-jij-pol


ネットに事故死の児童写真無断掲載

ネットに事故死の児童写真無断掲載

交通事故死した子供6人の生前写真を子供や遺族を揶揄(やゆ)するようなコメントとともにホームページ(HP)に無断掲載したとして、6人の遺族が4日、このHPを制作していた小学校教諭の男について、侮辱罪で警視庁に告訴状を提出する。HPには、6人とは別の子供の遺体写真が数百枚掲載され、中には水着写真や全裸写真も含まれていた。遺族は児童ポルノ処罰法違反罪の告発状も併せて提出する方針。
 
 告訴するのは、東京都世田谷区で平成9年、大型トラックにひかれて死亡した片山隼(しゅん)君=当時(8)=の遺族ら。
 
 HPを制作していたのは、東京都内に住む30代の小学校教諭。HPには、遺族が制作したHPなどから子供の写真が無断転載された上、遺族を傷つけるような描写が付けられていた。男はすでに自分のHPをめぐり著作権法違反容疑で愛知県警に書類送検されている。

くわしくは こちら




今朝特ダネをつけたら、小倉さんがエライ怒った様子で、何か訴えていたので、何が起こったのかとよーく聞いてみると、全くとんでもない事件だった。

開いた口がふさがらないというか、ほんとにとんでもない事だ。

交通事故で亡くなった、お子さんの写真を親に黙って載せることも、もってのほかだが、それをこともあろうに、小学校の先生がやっていた。

うちにも、小学生の子供がいるので人事ではない。
以前から、子供の話を聞くにつけ、小学校に限らず、学校の教師の質に、疑問を感じていたのだが、さらに信じられない気持ちにさせられてしまった。

昨今の虐待やいじめ事件、それに対する行政や教育関係者の対応、一体日本はどうなってしまったのだろうか!これからますますひどくなるんだろうか?

我々が小さかった時の先生方は、もっと威厳があったし、信頼もしていたように思う。実際、親たちも敬意を払っていたように思う。

何か根本的なことが間違ってきているんじゃないだろうか。
いずれにしても、すべての国民が、真剣に考える時が来ているように思う。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。