子供の生まれ月と近視

生まれ月と近視の関係

イスラエルのテルアビブ大の研究によると、6月か7月生まれの人は、12月か1月に生まれた人に比べ、強度の近視になる確率が大きいという事です。これには、自然光にさらされる時間の長短が関係しているとみられるという事のようです。

同大の研究班は16〜23歳のイスラエル人約30万人を対象に、近視と生まれ月の関係について調査を実施、相関関係が判明しました。それによると、6月、7月生まれに強度の近視が最も多く、最も少なかった12月、1月生まれより、近視になる確率が24%高かったそうです。研究班は夏生まれに近視が多い傾向は世界共通とみているようです。

研究論文の共同執筆者の1人、ミハエル・ベルキン教授によると、生後間もない時期に光に当たる時間が長いと、体内時計に関係するメラトニンというホルモンの分泌が抑制されます。これに他の要因が重なると、眼球の前後直径が伸び、近視になると考えられています。

ひよこを使った研究では、光に長時間さらされると眼球が長くなるメカニズムがあることが示されているという事です。

6月7月生まれのお子さんをお持ちのお母さんは、気をつけたほうがよさそうですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。