子供の弱視に関して

子供の弱視力関して


弱視の種類


弱視には大きく分けて「医学的弱視」と「社会的弱視」の二つの意味があります。


医学的弱視とは、網膜や脳の神経には障害がないのに、視力の成長期において、角膜から網膜の前までに何らかの異常があって網膜にはっきりした像が写らず、成長が妨げられて、よい視力が得られないことです。このページの前半で取り上げている弱視はこれに該当します。


社会的弱視とは、原因がなんであれ、視力が0.04〜0.3(両眼での矯正視力)に低下していたり、視野が極端に狭くなっている状態をいいます。





視力回復!視力回復でメガネを取ったらアラ美人!(視力回復総合サイト)



子供の視力@子供の視力を守ろうトップページ

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。