弱視、弱視の予防と治療


子供の弱視、弱視の予防と治療


早期発見


視力は10歳前後まで伸びる可能性がありますが、1〜3歳以前の伸びに比べると、それ以降の伸びはごくわずかです。弱視を防ぐためになによりも大切なことは、弱視につながる原因をできる限り早く見つけ、取り除くことです。斜視であれば手術治療、屈折異常や不同視なら屈折矯正、形態覚遮断ならその原因の除去・治療を早めに行い、弱視になるのを防ぎます。


アイパッチによる弱視の治療


見にくくても弱視眼を無理して使う
弱視の眼や弱視になりそうな眼は、そのままでは抑制がかかり(「斜視の原因」の項参照)、使われずにますます弱視が進みます。これを防ぐために、よく見えるほうの眼を1日数時間遮蔽〈しゃへい〉し、弱視眼を強制的に使うようにします。弱視がある程度改善したあとは、物をいつも両眼で見るようにするための訓練を行います。



子供の弱視関係は子供の目の病気サイトから引用させて頂きました。
ありがとうございました。
http://www.skk-health.net/me/16/




視力回復!視力回復でメガネを取ったらアラ美人!(視力回復総合サイト)



子供の視力@子供の視力を守ろうトップページ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26707354

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。