仮性近視と分かったら

通常の近視は、ほとんどの場合眼球が縦に長く変形することにより生じます。

その為、水晶体で屈折した光が合わさる焦点が、網膜できちんと像を結ばなくなり、ぼやけた状態でしか見えなくなるわけです。

しかも、この眼球の変形は、まず正常に戻ることは難しいので、近視はいったん始まると、正視の状態にもどすことは困難なのです。

しかし、まれに水晶体の厚さの調節を司る毛様筋(もうようきん)が緊張して、軽度の近視を生じることがあります。

このような場合は適切なトレーニングや治療によって、視力回復する可能性があるので、仮性近視と呼ばれています。

子供に、遠くの物を見るときに眼を細めたり、テレビを見る時に近づいて見るなどの症状が見られ始めたら、仮性近視を疑ってみたほうがいいでしょう。

そのような時、早ければ早いほど、効果が出やすいようですので、長年の実績がある下記トレーニングセンターに早急に相談することをお勧めします。

この視力回復トレーニングセンターでは、一流のプロスポーツ選手も取り入れている
視力回復トレーニングを指導しており、現在までに、987名の仮性近視のお子さまの視力を、1日13分、たった2カ月で0.8以上の、メガネが必要のないレベルにまで、視力回復してきた実績を持っています。

実際に仮性近視だった子供さんの生の体験談も数多く載っていますので信頼できると思います。

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
自宅トレーニングセット・メールサポート付〜

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/187531277

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。