2008年02月23日

レーシックに更なる光?

レーシックに更なる光?

asahi.comに視力回復のレーシック(レーザーによる視力回復手術)の成功率を更に高めることができるかもしれない技術が開発されたという 下記のような記事が出てました。
以下asahi.com からの引用

 フェムト秒(フェムトは1000兆分の1)という極めて短い時間に発光する特殊なレーザー光の産業化に向けて、理化学研究所と産業技術総合研究所などのグループが大きく前進する技術を開発した。4日、発表した。熱を加えずに原子と原子の結合を切り離す、いわば原子の世界の「彫刻刀」で、物の表面を自在に加工する次世代技術として期待されている。

 この「フェムト秒レーザー」は実際に、微細加工などへの応用が一部始まっている。だが、電気からレーザー光を作るエネルギー効率が約0.5%と低く、産業化の障壁になっていた。

 グループは、レーザー光の増幅にイッテルビウム結晶や独自開発した反射率の極めて高い鏡を使うことで、効率を10倍以上に高めた。高出力化が可能になったため、従来難しかったガラスやセラミックスの表面も削れるようになった。

 肉眼で見えない小さな文字で製品番号を書いたり、超精密な機械部品や光素子を作ったりすることができるほか、近視手術などへの応用も検討されている。理研の和田智之(さとし)・ユニットリーダーは「国産技術だけで実用化が射程に入るところにこぎ着けた。1年以内に製品化したい」と語った。



どうですか? 分かります?
難しいですよね。でもとにかく、もっと技術が進んで視力で悩む人が無くなる日が一日も早く来ることを願う今日この頃です。


posted by ヒロト at 11:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 子供の視力回復 | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

理学博士考案の視力回復トレーニング

先日テレビの思いっきりテレビで放映していて気になったので調べてみました。

なんでも大学で教えている理学博士の先生が考案した、たった2週間で効果が出ると言う視力回復トレーニングが成功者続出で話題になっていて、スタジオでもそのトレーニングの一部を公開していました。

そのトレーニングを始めると

1.何故視力が落ちてしまったのかが理解できる。
2.本当に効果の出る視力回復方法を知る。
3.10日後にものが以前より良く見えるようになったのに気が付く。
4.14日後にはメガネコンタクト無しで裸眼で物が見えるようになる。
5.一生視力に悩まされる事無く自分の子供の目も守ることが出来る。

というふうになるそうなんです。

それで、ホームページを探してみました。  ここ
体験談としては

横浜市在住 29歳 会社員
------------------------------------------
初めてメールしています。
松崎先生、この効果には本当に驚きました!!
初めは半信半疑だったけれども、嘘みたいに見えるようになるんですね!!
今では子供の顔を裸眼で見ることが出来るようになりました。
私の息子も今年で3歳になるのですが、私だけではなく、息子の目にも使用させて頂きます。
本当に素晴らしい方法をありがとうございました。



栃木県在住 44歳 飲食店経営
-------------------------------------------
はじめまして!!
こんな方法があったなんて!!
自分の視力を何とかしたくて、あと1週間このマニュアルに出会わなければレーザー手術を受けているところでした。(^^)
私は本当に飽き性なので、少し心配だったのですが楽しく実施出来て少し自信がつきました。
今視力は1.0なのですが、もっともっと頑張って1.5まで回復させたいと思います。
先生本当にありがとうございました。


と言う感じで、なかなか良さそうなんです。
このホームページを見てみると
トレーニングの詳細

ね、この先生真面目そうでしょう?
最初はご自分の目でも試したようですね。
うちの子にもやらせてみようかな。


posted by ヒロト at 19:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 子供の視力回復 | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。